ミライスピーカー「自作してみた」体験談まとめ!費用やコスパも徹底検証

※当サイトでは一部広告リンクを利用しています。

ミライスピーカーは自作できる?

耳が聞こえにくくなった高齢者の「テレビの大音量」の悩みを解消することで話題のミライスピーカー
独自に開発された特許技術「曲面サウンド」により、他のメーカーでは真似のできない「離れた位置でもテレビの音がくっきり聴こえる」という効果を生み出しています。

この曲面サウンドという音の仕組みを理解すれば「ミライスピーカーは自作できるものなのか?」気になるところですね。

そこで、この記事では実際にミライスピーカーを自作された方々の考察や体験談をもとに、自作にかかる費用や方法、コスパなどについて解説します。

現在ミライスピーカーには以下2種類の機種がありますが、この記事で自作について取り上げているのは、定番モデルのミライスピーカーMiniです。

ミライスピーカーは自作できるのか?体験談をもとに検証

ミライスピーカー設置画像サイドボード

ミライスピーカーは、下記3つの音響の仕組みを組み合わせて「離れた位置でも、テレビの音がくっきり聴こえる」ことを実現しています。

  1. 遠くまで音を届ける仕組み(曲面サウンド)
  2. 余計な音をカット(音質調整)
  3. 音を広範囲に、均一に届ける(モノラル)

ミライスピーカーの音の仕組みについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

これらの仕組みを理解すれば、実際に自分でもミライスピーカーを作れるのか?費用面など含め紹介します。

ミライスピーカーの自作にかかる費用は?

実際にミライスピーカー(もどき)を自作された2名の体験談を元に費用を算出すると材料費のみで14,000円~25,000円です。

これはあくまで材料にかかる費用で、人件費などは含んでいません。

ミライスピーカーの自作は誰でもできるのか?

ミライスピーカーの自作はやはり誰でもできるものではありません

  1. オーディオに詳しい
  2. 作ること自体が楽しめる

この2つ、どちらも持ち合わせている人でないとかなり難しいでしょう。

実際にミライスピーカーを自作された2名の方もオーディオの知識も高く、またご自身で製作することが得意な方々です。

一般の方には少しハードルが高いと思います。

ミライスピーカーを自作するとコスパはいいのか?

ミライスピーカーの自作はコスパが良いとは決して言えません

確かにミライスピーカー(ミニ)の販売価格は19,800円で、これに対し自作にかかる費用は14,000円〜25,000円です。

うまくいけば自作する方がかかる費用は少し安くできる可能性も0ではありませんが、ただ本当にテレビの音を聴こえやするためにはかなりの試行錯誤が必要ですし、音響の知識も必要です。

また仮に本物のミライスピーカーと同等の仕上がりにできたとしても、これを使用する高齢者の方の耳に合うとは限りません。

ミライスピーカーを自作してみたものの効果がでなければ製作にかかった費用や時間は全て無駄になりますね。

本物のミライスピーカーを公式サイト で購入すれば、60日間の返金保証が適用されるため万が一効果が出なかったとしても返品可能。

本体価格から返品手数料1,000円を差し引いた全額が返金されるので安心です。

ですので、もし費用を安くするために自作することを検討している方には、ミライスピーカーの自作はあまりおすすめできません。
もちろん、趣味として自分で作ることに楽しみを感じる方であれば、この記事で紹介する自作の事例や体験談を参考にチャレンジしてみてください。

なお60日間の返金保証はミライスピーカー公式サイト限定のサービスです。

Amazonや楽天市場などの通販サイトや家電量販店で購入すると60日間の返金保証の対象外ですのでご注意下さい。

ミライスピーカー公式サイトを確認する

その他ミライスピーカー自作の課題は?

その他にミライスピーカーを自作する上での課題を3つご紹介します。

  1. サイズが大きくなる
  2. デザイン性は期待できない
  3. かなりのトライ&エラーが必要

サイズが大きくなる

ミライスピーカー自作の事例や考察を確認するとサイズが大きくなるようです。

後に事例を紹介するCONTのブログさんは幅15cmで製作。

またミライスピーカー自作について執筆されたふなはしゆめとブログさんの考察によると、ミライスピーカーの効果を再現するためには大きなサイズにする必要があると述べられています。

実際のミライスピーカー(Mini)のサイズは、9.0(幅)×15.4(高さ)×20.0(奥行き)cmとかなりコンパクトですが、自作の場合は約2倍の大きさになります。

デザイン性は期待できない

自作の場合、音の仕組みをうまく再現できたとしてもデザイン性まではなかなか期待できません。

もちろん塗装する場合は費用もかかります。

特にミライスピーカーをリビングなどに置く場合はある程度デザインも気になると思いますのでご注意ください。

かなりのトライ&エラーが必要

ミライスピーカーを自作された方の作業工程をみるといろいろと素材を試すなどの試行錯誤を繰り返しておられます。

特に慣れていない方は完成までに時間がかかる可能性があります。

\ 60日間の返金保証でお試しOK /

なお、市販のミライスピーカーのデメリットや購入時のリスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ミライスピーカー自作の体験談・事例紹介

では実際にミライスピーカーの仕組みを参考に自作された方々の事例をご紹介します。

ミライスピーカー自作の事例1

引用記事:ちゃりログさん「ミライスピーカー もどきを 自作

ミライスピーカーの仕組みを元に、自作に至った背景や製作工程を記録として紹介されています。
低コストで製作するために100均などを活用した点なども詳しく記載されたいへん参考になります。

ミライスピーカーの自作にかかる費用

材料費:約22,000円推定

材料推定価格
振動スピーカーユニット5,000円
スピーカーボックス
※ホームセンターで板カット・組立て
10,000円
曲面板(透明下敷き,ブリキ板、黒下敷き)1,000円
吸音材(紙ウエス)1,000円
ゴム板1,000円
合計22,000円
※材料費はそれぞれの相場から推定したものです。

ミライスピーカー自作体験談1の要約

  • 中国から取り寄せた振動板ユニットに曲面板ように黒下敷きを設置。
  • さらに吸音材で反響を抑え、ホームセンターでカットした板で自作したスピーカーボックスに設置して製作。
  • 特に曲面板については、透明下敷きやブリキ板を試すものの音割れなどが発生し試行錯誤のうえ黒下敷きを採用。

ミライスピーカー自作1の効果検証

実家の父親に聞かせたところ「音が聴こえやすくなった」と喜ばれた。

ミライスピーカー自作の事例2

引用記事:CONTのブログさん「ミライスピーカーもどきを自作してみました

こちらは2021年の記事で、まだ個人向けのミライスピーカー・ホームが発売される前に自作された記録です。

具体的な材料なども詳しく掲載されており、特にDIY好きの方には非常に参考になる記事です。

当時ミライスピーカーは主に企業向けに約25万円で販売されていたようで、特にこの頃2万円前後の費用で自作できた記録はとても有益だと思います。

ミライスピーカーの自作にかかる費用例2

材料費:約14,000円推定

材料推定価格
振動スピーカー5,000円
PCスピーカー2,000円
12Vステレオアンプ2,000円
フルレンジスピーカーユニット3,000円
MDF板・ボトルナット他2,000円
合計14,000円
※材料費はそれぞれの相場から推定したものです。

ミライスピーカー自作体験談2の要約

  • Amazonで振動スピーカーとPCスピーカーを購入し、振動スピーカーをPCスピーカーのアンプに接続。
  • 振動板の幅を何度か変更してサイズを調整し、最終的に幅15cmとなった。
  • 音が出たので、低音と高音が不足していたため、12Vステレオアンプを購入し、PCスピーカーと接続してバランスを調整。
  • PCスピーカーでは音量を上げると音が割れたため、フォステクスのフルレンジスピーカーユニットを取付け。
  • 100均のMDF板で側板を作り、黒のラッカーで塗装して木工用ボンドで貼り付け。
  • 天板をはりつけ、背面にアンプをネジ止め。
  • 音割れが起こったため低音と高音を調整し、音量を上げたときに音が割れないように工夫。

ミライスピーカー自作2の効果検証

効果についての具体的な記載はありませんでした。

その他の参考記事

ふなはしゆめとブログさん「ミライスピーカーの原理と仕組みがわかったので特許回避製品も作れるかもという話」は、実際に自作された事例ではありませんが、ミライスピーカーの音の仕組みについて深い考察が記録されています。

ミライスピーカーの音の仕組み

ミライスピーカーを自作される方は、ミライスピーカーの音の仕組みをご確認の上、製作されることをおすすめします。

ミライスピーカーの音の仕組みについてはこちらの記事で詳しく紹介していますのでぜひご確認ください。

ミライスピーカーの自作についての検証まとめ

ミライスピーカーを自作するには、以下の2点が必要です。

  1. オーディオに詳しい
  2. 作ること自体が楽しめる

逆に「自作することで費用を抑えるのが目的」という方にはあまりおすすめできません。

なぜなら自作された方々の事例をみると14,000円〜25,000ほどの費用がかかり、失敗した場合にその費用が無駄になるリスクがあるからです。

コスパを優先される方は、ミライスピーカー公式サイト 限定の60日間返金保証でお試し購入されるのが最も安心です。

高齢者の方のテレビの大音量は、ご本人だけでなく、同居する家族にとってもかなり深刻な悩みです。

我が家でも以前は80代母のテレビの大音量に悩まされていましたが、娘の受験勉強をきっかけにミライスピーカーを購入し、その悩みから解放されました。

同様の悩みをお持ちでしたら「もし合わなければ返品すればOK」というつもりでお試しされることをおすすめします。

その際はぜひ公式サイト限定の60日間の返金保証をご活用ください。

\ 60日間の返金保証でお試しOK /

コメント

タイトルとURLをコピーしました